関西地域における
課題解決型産業の
実態調査

~少子高齢社会に対応したビジネスとは~

概要

経済産業省が平成24年6月に取りまとめた「経済社会ビジョン」では、今後の成長分野の1つとして、少子高齢化等に伴う労働力人口減少や社会保障費の増大といった日本社会が直面している課題を解決する産業(課題解決型産業)を挙げ、支援していくこととしています。
これを受けて、当業務では、関西地域で展開されている課題解決型産業(*)の掘り起こしを行うとともに、ヒアリング調査による取組状況等の把握、少子高齢社会対応ビジネス事例集の作成を行いました。

*今回の調査では、特に、少子高齢化に伴う労働力人口減少を解決するともに、潜在内需を掘り起こし、雇用を創出する成長産業となり得る側面を有するヘルスケアサービス、介護サービス、子育てサービス、また、今後の成長分野での女性や高齢者等の活躍をサポートする人材育成サービスに焦点を絞り調査を実施しました。

内容

①関西地域で展開されている課題解決型産業の取組事例の収集調査
関西地域で展開されている課題解決型産業の取組について、インターネット検索、過去の新聞記事検索、有識者へのヒアリング調査等により事例収集を行い、取組状況について整理しました。
②ヒアリング調査の実施及び事例集の作成
 ①で収集した事例から抽出した事業者に対し、取組背景、内容、政策ニーズ等に関するヒアリング調査を実施するとともに、関西地域において高度なサービスを提供している15の事例を「関西地域における少子高齢社会対応ビジネス事例集」として取りまとめました。
③調査報告書の作成
 これらの調査から、分野ごとに取組の特徴等について整理・考察を行い、調査報告書を作成しました。

成果

●関西地域における少子高齢化に対応したビジネス事例の収集・分析

●関西地域における少子高齢社会対応ビジネス事例集の作成

データベース

業務名 平成24年度 関西地域における課題解決型産業の実態調査(平成24年度)
発注者 近畿経済産業局企画課
担当者 高野、武藤

→事例集全文はこちらから translate .d.getElementsByTagName(‘head’)[0].appendChild(s);